■PROFILE

えいぶ

  • author: えいぶ
  • 某セレクトショップバイヤーから
    ファイナンシャルプランナーへ転身し日々進化中。

    ファッションや自己満足の為に使いすぎていていたお金を、投資や運用、今後の社会に役立つ事に使いたいと思い、ブログを始めました。
    でも『生活に楽しさがなくっちゃね!』をモットーに書いています。

  • RSS1.0
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    おもてなし
    先日宿泊した阿寒湖温泉「花ゆう香」&「鶴雅」の嬉しいおもてなしの数々をご紹介しましょう。

    1・到着は勿論外でお出迎え、車のドアを丁寧に開けてくれます

    2・チェックインを待っている間、山葡萄のジュースでロビーでくつろぐ
      (気付かなかったんですが温泉卵もあったそうで・・)
      (じゃがバターで小腹を満たす)勿論無料!

    3・到着してからわがままを言ってみました。早く言わなきゃダメ元で。
      (別々に予約していた知人達と隣の部屋に!&夕食も一緒に!勿論OKでした)

    4・浴衣6サイズ・タオル入れの袋・部屋のキーはひとりに付1個・コーヒー豆&コーヒーメーカー

    5・秘密の箱(はさみ・セロテープ・ワゴム・カット版・ツメきり)
      当然ロビーで貸し出しはしてくれるでしょうが、常備されていると嬉しい

    6・ホテル内は部屋キーとサインでOK

    7・夕食の食事処が、洞窟みたいでとってもおしゃれ&美味でございます

    8・お刺身の上に紙がかかっているかと思いきや、大根カツラ剥き(大根まで美味)

    9・カメラマン登場し勝手に写して翌朝売りつけるパターンと思いきや ブッブー
      撮影をお断りしたにも関わらず、私達持参のデジカメで写してくれました
      当然ながら中居さん・売店の皆さん全員が行き届いてます。さすが接客日本一!

    10・朝風呂の後お風呂の前にビシソワーズ(じゃがいもスープ)ご自由に!って

    -1・唯一ガッカリは、これまたおしゃれな洞窟バーがお子様連れに占領されてしまった

    箇条書きで書いてしまうとふ~んて感じですが、ぜひ一度お試しあれ!
    高級旅館なら当たり前なのかもしれませんが、2人部屋 1人/¥13,260では大満足。
    今度は贅沢に「鄙の座」に泊まってみたいわ~
    12歳以下お断りの大人の宿って憧れます。
    スポンサーサイト


    地域・文化 | 20:41:24 | Trackback(0) | Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。